愛知県名古屋市中村区|名駅さくら医院・名古屋歯科・医科|病院地図検索 医者どこネット|地図一括表示

愛知県名古屋市中村区|名駅さくら医院・名古屋歯科・医科

名駅さくら医院・名古屋歯科・医科

基本情報

TEL.052-433-6900

診療科目:内科・皮膚科・歯科・矯正歯科・小児歯科・歯科口腔外科・消化器内科・胃腸内科・糖尿病内科・膠原病内科・総合内科・呼吸器内科・循環器内科

住 所

〒453-0801    愛知県名古屋市中村区太閤1-20-9
名古屋プレミアム医療モール太閤2F

最寄駅:名古屋

アクセス方法:東海道本線名古屋駅 太閤通口(南口)徒歩10分
桜通線中村区役所駅 徒歩10分
あおなみ線ささしまライブ駅 徒歩16分
名古屋市バス 笈瀬通停留所下車 徒歩3分
名古屋市バス 笹島町停留所下車 徒歩7分

駐車場:タイムズ太閤第2と提携しております。会計時に60分までのサービス券をお渡しします。
※1階ウエルシア様の前や他の駐車場は利用できませんのでご注意ください。
マックスバリュ太閤店の駐車場をご利用の方は、マックスバリュ太閤店で1,000円以上のお買い物をすると1時間分のサービスが受けられます。

診療時間

 
午前 8:30~13:00 8:30~13:00 8:30~13:00 8:30~13:00 8:30~13:00 8:30~13:00 -
午後 15:30~19:00 15:30~19:00 - 15:30~19:00 15:30~19:00 - -

※【皮膚科】月・火・金 10:00-13:00
【歯科】月-日 8:30-12:00 / 13:00-18:30

休診日:【内科】水曜午後・土曜午後・日曜・祝日
【皮膚科】火・木・土・日・祝
【歯科】祝

スタッフ紹介

名古屋市の皆さまはじめまして。名駅さくら医院・名古屋歯科の内科医を務める北田です。わたしたちは毎日忙しく働く地域の皆さまの貴重な時間を大切にするクリニックでありたいと考えています。
糖尿病をはじめとした生活習慣病や、リウマチなどの膠原病、風邪やアレルギー性鼻炎などの症状でお困りの方は一度ご相談ください。

専門医資格

日本内科学会 総合内科専門医

診療内容

【内科】
内科では、風邪やインフルエンザなどの急性疾患のほか、脂質異常症、高血圧症、糖尿病、高尿酸血症といった生活習慣病、花粉症をはじめとするアレルギー性鼻炎、骨粗しょう症、膀胱炎、不整脈、狭心症など慢性疾患まで、幅広く内科全般の診療をおこなっています。
頻尿や夜間頻尿、不眠といったお悩みもまずはご相談いただければ幸いです。お話を伺った上で、精密検査が必要な疾患の疑いがある場合には、対応可能な医療機関をご紹介いたします。

【生活習慣病】
生活習慣病は、初期の段階では自覚症状が現れないことが多いのですが、治療をせずに病気が進行してしまうと、動脈硬化が進行し、脳梗塞や心筋梗塞などを起こしてしまう恐れがあります。重篤な疾患を引き起こす前に、早期の段階で治療を始めて、予防していくことが大切です。当院では、まず現在の生活習慣について患者さまのお話を丁寧に伺うことから始めます。丁寧な問診をおこなうことで、患者さまご自身に改善すべき点について気付いていただくことを目指しています。治療をおこなうのは患者さまご自身です。患者さまに寄り添って、二人三脚で治療を進めていきます。

【糖尿病内科】
糖尿病とは、インスリン作用の低下によって高血糖の状態が慢性的に続く病気です。早期の段階では、自覚症状はあまりありませんが、進行すると網膜症、腎症、神経障害といった合併症を発症する恐れがあります。耐糖能異常や糖尿病の初期の段階では自覚症状がないため、健診で異常を指摘されても受診せずに様子を見られる方がいらっしゃいます。症状が悪化することで起こる合併症を予防するためには、自覚症状が現れていない段階から治療を始めることが大切です。また、合併症を早期に発見するため、当院では、近隣の眼科をご紹介しています。

糖尿病の治療は、糖尿病の種類や病態に応じて進めていきます。1型糖尿病の場合はインスリン注射による薬物療法をおこない、2型糖尿病の場合は食事療法、運動療法といった生活習慣の改善に加え、薬物療法をおこないます。当院では、インスリン自己注射の指導にも対応しています。肥満が原因で糖尿病を発症している方の場合は、生活習慣の改善指導とともに、肥満にも作用する薬を用いて治療をおこないます。

【膠原病内科】
膠原病とは、免疫に異常が起きることで、全身の血管、筋肉、皮膚、関節などに炎症が現れる病気の総称で、代表的なものに関節リウマチがあります。そのほかに、ベーチェット病、全身性エリテマトーデス、シェーグレン症候群、多発性筋炎・皮膚筋炎、全身性強皮症、混合性結合組織病といった病気も膠原病です。
関節の痛みのほか、原因不明の発熱や発疹、疲れやすさ、手足の冷え、筋肉痛、むくみ、皮膚の乾燥などの症状が現れます。これらの症状が長引き、なかなか改善しないという場合には、膠原病の可能性も考えられますので、一度ご相談いただければと思います。

【消化器内科】
消化器内科では、逆流性食道炎、胃腸炎、脂肪肝、過敏性腸症候群といった消化器疾患の診療をおこなっています。
便秘、下痢、腹痛、吐き気、げっぷ、胸やけ、食欲不振といった消化器の症状でお悩みの際はご相談ください。

【呼吸器内科】
呼吸器内科では、喘息、肺炎、肺気胸、気管支炎、気管支喘息、マイコプラズマ感染症、肺結核、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、気管支拡張症、睡眠時無呼吸症候群といった呼吸器に関する、さまざまな疾患の診療をおこなっています。
咳、痰、息切れ、呼吸困難、息苦しさ、ゼイゼイという呼吸などの症状がある時はご相談ください。長引く咳は、喘息や肺結核など呼吸器疾患が原因で生じる場合もあれば、消化器疾患である逆流性食道炎が原因で起こる場合もあります。

2021/12/12 更新