神奈川県座間市|座間総合病院|病院検索 医者どこ.net

神奈川県座間市|座間総合病院

座間総合病院

基本情報
TEL.046-251-1311
診療科目:内科・神経内科・循環器科・耳鼻咽喉科・外科・整形外科・形成外科・脳神経外科・放射線科・リハビリテーション科・麻酔科・小児科・皮膚科・泌尿器科・眼科・漢方内科・人工関節・リウマチセンター
住 所
〒252-0011    神奈川県座間市相武台1-50-1
最寄駅:相武台前
アクセス方法:小田急小田原線「相武台前」駅より徒歩15分。
駅前より無料のシャトルバスもございます。 
駐車場:収容台数247台 外来患者さんは割引あり(最初の5時間まで200円 以降1時間100円)
診療時間
 
午前 9:00~12:00 9:00~12:00 9:00~12:00 9:00~12:00 9:00~12:00 9:00~12:00 -
午後 14:00~17:00 14:00~17:00 14:00~17:00 14:00~17:00 14:00~17:00 - -
休診日:土曜午後・日曜・祝日・年末年始
診療内容
当院はベッド数352床、各フロア別に異なった機能の病床を有します。
主な特長として、
「総合診療科を中心とした救急医療の充実」
「実績豊富な人工関節・リウマチセンター」
「充実した専門職と設備によるリハビリテーションの強化」が挙げられます。

同一法人の海老名総合病院は今後、より重症度の高い患者さんを受け入れるべく「高度急性期病院」へと変容していきます。
一方、当院が目指すのは、高度急性期以外の患者さんを受け入れる「一般急性期病院」です。一般急性期を中心に回復期、慢性期(療養)まで幅広い医療ニーズに対応します。

座間市、海老名市を含む県央地域を一つの医療圏と考えた場合、限られた医療資源を有効活用するためには、同じ機能の病院が複数存在するよりも、異なる機能の病院が連携協力することが必要となります。

地元医師会、介護福祉事業者、行政と一体となり県央地域住民の健康を守るために全力で取り組みます。
設備・検査機器
一般撮影装置 間接変換FPD装置「CALNEO Smart」富士フィルムメディカル 4台
一般撮影装置 間接変換FPD装置「CALNEO GL」富士フィルムメディカル 1台
FPD搭載多目的デジタルX線TVシステム「Ultimax-i」東芝メディカルシステムズ 1台
CT(80列・マルチスライスCT装置)「Aquilion PRIME」東芝メディカルシステムズ 1台
MRI(超伝導磁気共鳴画像診断装置)「Ingenia 1.5T」フィリップエレクトロニクスジャパン  1台
X線骨密度測定装置「PRODIGY Advance」GEヘルスケア 1台
回診用X線撮影装置「Mobile Art Evolution」島津製作所 1台
外科用X線撮影装置(Cアーム)「OEC Brivo Essential」GEヘルスケア 1台
外科用X線撮影装置(Cアーム)「SXG-1000A/SXT-6600A」東芝メディカルシステムズ 1台
2017/04/01 更新