東京都練馬区|かくたに内視鏡消化器内科クリニック|病院検索 医者どこ.net

東京都練馬区|かくたに内視鏡消化器内科クリニック

かくたに内視鏡消化器内科クリニック

基本情報
TEL.03-3997-7149
診療科目:内科・消化器科・胃腸科・内視鏡科・消化器内科
住 所
〒177-0041    東京都練馬区石神井町3-21-9
石神井公園メディカルモール3階
最寄駅:石神井公園
アクセス方法:西武池袋線 石神井公園駅中央口 徒歩30秒
バスロータリー交番向かい
駐車場:裏にコインパーキング 10台
診療時間
 
午前 9:00~12:00 9:00~12:00 - 9:00~12:00 9:00~12:00 9:00~12:00 -
午後 14:00~19:00 14:00~19:00 - 14:00~19:00 14:00~19:00 14:00~19:00 -
※土曜日午後は内視鏡検査のみです
休診日:水曜日、日曜祝日
スタッフ紹介
専門医資格
日本消化器内視鏡学会指導医、社団評議員
前薬事社会保険委員、内視鏡学会誌査読委員
日本消化器病学会、指導医、学会評議員
日本消化管学会指導医
腹部救急医学会学術委員
日本胆道学会専門医
日本門脈圧亢進症学会評議員、医療安全委員、評議員選出委員
日本内科学会認定医
前慈恵医大内視鏡部診療部長
東京医大兼任教授
診療内容
特徴1: 質の高い診療を

東京慈恵会医科大学内視鏡科は年間5万件程の内視鏡を行う大学病院です。そこで
長年准教授、診療部長として内視鏡診療を行い、若手から学会指導医に至るまで内視鏡指導をしてまいりました。

現在慈恵医大で内視鏡を行っている中には指導した医師が数多く居ます。
また、大腸内視鏡で非常に多くの症例数を誇る松島クリニックでも指導医をして
おりました。

質の高い内視鏡検査を受けて頂きたいと思います。

全国の大学病院、病医院の消化器科30000人以上の中から、133人の消化器内科の
名医に選ばれました。
全ての臓器の内視鏡医(腹腔鏡や胸腔鏡、膀胱鏡など)の中から、全国374人の
内視鏡の名医にも選ばれました。
(これについては「名医に選ばれても」、をご参照ください)

特徴2: 質の高い内視鏡検査を
高い技術(腕)と確かな診断能力(目)をもって質の高い内視鏡(内視鏡の質とは)を
行います。

慈恵医大内視鏡科は意識下鎮静法を全国に普及してまいりました。
苦痛のない内視鏡、を全国に普及してきた実績が有ります。
慈恵医大内視鏡科は年間約5万件を行うハイボリュームセンターです。

高い技術力に加えて、鎮静剤を用いて内視鏡を行いますので苦痛は有りません。
大腸の挿入時間は約3分(1−4分)、観察時間は約7分です。
検査時間10分で腫瘍発見率は限界と言われる60%を達成しています。

発見次第ポリープを切除します。切除に入院の必要は有りません。
(大きさに制限が有ります。)

特徴3: 日帰り手術
発見次第ポリープを切除します。切除に入院の必要は有りません。
(大きさに制限が有ります。)

特徴4: 同日検査、当日検査可能
大腸内視鏡検査と胃内視鏡検査を同日に受けて頂くことが可能です。
また、当日検査も可能です。

特徴5: 胆膵の画像診断
胆膵疾患に対する画像診断も専門としています。当院ではエコーを私自身が
行い診断しますが、さらに、CTやMRIなどが必要な場合は他の施設による
画像撮影が可能ですので、結果を判断し今後の方針を説明いたします。ちなみに
CT,MRIなどは送迎が有りますので、安心して受けて頂ければと思います。
勿論料金が上がることは有りません。どこで受けて頂いても同じ料金です。

特徴6: 最適の薬物療法へ
消化器症状は内視鏡やエコー、CTなどで診断できるものばかりでは有りません。
人の体はそれ程単純では有りません。
一人一人の事情が違いますし、生活環境も、性格も違います。検査結果が
正常だからといって症状が消えてなくなるわけでは有りません。
臓器を見ただけでは分からない、一人一人に合った最適の薬物療法を
行ってまいります。

特徴7: 最新の内視鏡、徹底した消毒
当院はオリンパス社製拡大機能、NBI機能付きの内視鏡を用いています。
また、二酸化炭素による送気装置も用意しております。
二酸化炭素は吸収が早く、内視鏡検査の時にお腹の張りを楽にしてくれます。
また、万が一穿孔などの事故が起きた場合でも、腹膜刺激が少ないために
重症化を防ぐことができます。
万全の上にも万全を期して行います。

最新の内視鏡、徹底した消毒は内視鏡専門クリニックとして当然のことですので
これ以上細かくは記載いたしません。
最も重要なのは技術(腕)と診断能力(目)です。

特徴8: 料金についてのお問い合わせ

料金についてのお問い合わせを頂きます。
料金は日本全国一律でどこで受けても同じ料金です。

当院だけが高くも安くもありません、同一料金です。
拡大機能、NBIが付いていても、どんなに質が高くても、送迎が付いていても
同じ料金です。

目安として3割負担の場合、胃内視鏡では4000〜8000円程度、
大腸内視鏡では6000円〜20000円程度です。
組織を採取したり、ポリープ切除によって料金が変わってきます。

1割負担の方であれば上記の1/3程度とお考え下さい。

なお、全ての検査は診察後必要と判断された後行われます。
設備・検査機器
当院の内視鏡は拡大機能付きNBI機能付きです。

NBI拡大機能は見つけた病変に対して行います。
これによって腫瘍性の病変なのか、非腫瘍性の病変なのかはっきりと
区別することが可能です。

食道がんは少し前まで早期に発見することが出来ませんでした。
最近はこのNBI機能、拡大機能付きの内視鏡で検査を行うことで
内視鏡治療が可能な早期がんの発見ができるようになりました。

見つけたときは進行がんという食道がんの常識を覆した最新の内視鏡を
当院でも用いています。

大腸においては切除しなければならない腫瘍と切除する必要のない
腫瘍をはっきりと区別することが出来ます。
無駄なポリープ切除や、必要なのに小さいからという理由で切除しない
などということは起こりえないのです。

また、フットスイッチで水を内視鏡から出して洗浄することが出来る最新の
内視鏡です。これは大腸内視鏡検査においては非常に大きな力になります。

大腸内視鏡検査では大腸を奇麗にすることが重要です。しかし、どんなに
頑張ってみても僅かに残ることがあり、これが正確な診断を妨げます。
そんな時にフットスイッチで洗浄して奇麗にすることが出来れば時間もかからず
正確な診断が可能になります。

全ては正しい診断のために、それが大腸がん死を防ぐことに繋がります。

大腸内視鏡、胃内視鏡、胆膵疾患に対する画像診断はそれぞれ非常に有用です。しかし、
それだけで全て診断できてしまう程人間の体は単純では有りません。

消化器内科は守備範囲が広く、全ての科とかかわりを持って診療を行う 必要が有ります。

高血圧、高脂血症、糖尿病など、一般内科診療も行います。
消化器内科疾患をお持ちの方はいろんな病気がある場合も多く
内科全般に対する知識が不可欠です。
高度専門医療に携わって参りましたが、内科認定医も持っておりますので、

​まずはどんな症状でもお気軽にお越しください。
​
2017/09/05 更新